ニキビはこんなふうに進行する。

ニキビの第一段階は面皰(コメド)から始まります。

 

毛穴はふつう、外に向かって開いた形をしています。

 

ところがホルモンのアンバランスなどがきっかけで表皮の角質が厚くなると、角質が毛穴の中に入り込んできます。

 

すると毛穴の出口は狭くなり、中で分泌された皮脂を排出できなくなります。

 

つまり古くなった角質が毛穴をふさぎ、皮脂が中に詰まってしまうのです。

 

このステータスが面皰です。

 

私たちが「ニキビ」といっている!歩手前のステータスと腹積もりていいでしょう。

 

以前は、この詰まっている皮脂や角質がニキビのきっかけになるといわれていました。

 

ところが、それらが詰まっただけではニキビにならない事がわかってきました。

 

そこに酸化がおきるからニキビになるのです。

 

毛嚢に皮脂がまた詰まると、詰まった皮脂が酸化されていきます。

 

この様子が第二段階の丘疹で、いわゆる「ニキビ」です。

 

酸化された皮脂は遊離脂肪酸や過酸化脂質に移ろい、まわりの細胞に刺激を与えていきます。

 

そこから炎症がおこり、角質の局所が壊れてバイ菌が侵入しやすくなります。

 

患部にバイ菌が増殖するとこのバイ菌を殺そうとして白血球が集まります。

 

そんな訳で白血球とバイ菌との戦いが始まり、炎症はそしてひどくなり、赤くなったり膿がたまってくるのです。

 

この化膿した様子がニキビの第三段階、膿疱です。

 

膿疱が皮膚の深いところでおきると、膿腫や結節という硬いしこりになります。

 

これがニキビの最終段階です。

 

白血球の攻撃が長い間激しくつづくと、バイ菌も死にますが、味方、つまり自身の皮膚組織も一緒に傷つきます。

 

この皮膚組織の破壊が大きくなったものがアクネスカーと呼ばれるニキビの瘢痕です。

 

こうしてニキビは進行していきます。
この進行のなるべく初期の段階で治療すれば、跡も残らず、早くビューディフルに対策する事ができます。